スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

母の事

父親は痴呆症


母は病院から出される薬を飲むと眠くなると言う

薬は飲まないといけないのだが

寝ている間に父が出歩いたらいけないと思い

13時に 父の腕に紐を巻き 母は握っていたと言う


母は目が覚めると父はいないと気づき、紐は母の横で団子になっていた

母は慌てて外に出て叫んでもいない

親戚と近所に電話をかけて聞いても見当たらない

他県で見つかった事のある父

消防団と地元の警察と家族そうでで捜索

捜索も夜になると打ち切りになり

一夜明けてから捜索が始まり  警察と消防団が家に来る

これからの探す場所で 良く行った場所と 行きたかった場所を聞かれたと言う

パニクっている母から出た言葉は

母は『○○の女の人のとこです絶対…絶対そこに違いないです』と言ったと言う



母へ
あなたは凄いです

父は母が爆弾発言して少し経ったら自分で帰宅したと言う

未だに何処に行ってたかもわからず

父に聞いても父が小さな頃に亡くなったお母さんと遊んでいたと言う
 
この事件があった後に迷惑をかけた家を一軒づつお詫びとお礼に行ったと言う母

母は昼寝するのも怖くてお昼の薬は父がディサービスに行った時だけにしたとか



お母さんへ
無理しないで下さい

スポンサーサイト

甲子園へ行く

今日も予約投稿(= ̄∇ ̄=)にぃ♪




昨晩ふりかけが帰省

でも今日の夕方大阪に戻ります

なぜか?

15日から17日まで沖縄旅行のようです

って事でただいまの時間はショッピングに行っていると思うので予約投稿^^;



“さて甲子園へ行く”

のはわたしではなく

今日は東邦高校の試合
CA390532-0001001.jpg



この団地から応援バスが出るんですよぉ~~

スポーツ少年団の前任監督&コーチ陣と新任監督&コーチ・・・・ご近所と関係者

他県の高校の応援にバスが出る

凄いねぇ~

私はふりかけとショッピング中ですぅ


CA390515-0001-0001.jpg


我慢して下さい

この記事は10時に予約で公開するように設定してます

凄いねぇ~~このブログ

って事でこの時間はクッパさんをスイスイ~~と泳がせている頃です♪q(▽≦q)(p≧▽)p♪







さて今日も母の事


父は5年前に胃癌の手術をした

目覚めてから誰の事も覚えていない

父は胃を3分の2を切ったので食事を何回かに分けて食べないといけない

家にいる5日間は

6時におやつ程度
8時に朝食
10時におやつ
12時に昼食
お昼寝
16時におやつ程度
18時に夕飯
20時におやつ程度


父は昔から大食だった

カラダつきもガッチリしていて

スポーツ大好き(私と一緒)の大酒飲み(私と一緒?)

父の自慢は米俵を両肩にかついで走れると言う(あまり良くわからない自慢)

その父の胃は半分以上なくなり

でも食事は沢山食べたい・・・・食べたくてたまらない

でもでも沢山食べたら吐いてしまう

病院から「ある分量以上は食べさせないようにして下さい」と言われており

その父は食べたくて食べたくてたまらない

母は、はじめの頃は可哀想と思いついつい余分に食べさせたら

必ず吐く

母『お父ちゃんダメだよ…ゲボするよ。我慢して下さい』と言っても母を叩きながら食べたいと怒ると言う

母が『もうないよ』と言うと探して食べるので母は見える範囲には置かないようにした

冷蔵庫に針金で巻き市販の自転車の鍵をつけたり

お菓子は金庫(え~金庫?)

親戚に大工さんがいるので鍵付きボードを中2階のような隠し棚を作ってもらって隠している

いろんな食べ物を何カ所かに保存

その母から電話

母『お母さんいろんな物を隠してるやろぅ…イカの煮付けを隠してて隠した場所忘れてしまって困ったもんやわぁ~…もう1ヵ月見つからへんのよ』と母


私『え~~???怖いやん1ヵ月でしょう?かなり臭いキツいんちゃうん?臭くないん?』

母『それが臭わないし…この前ね下のおばちゃん(父の弟の嫁)が来てくれて探してもらってもないんよ・・・・臭くもない』って

私『え~~??そしたらお父さん食べたんちゃうん?』

母『それはない…“今度食べたら口縫うよ”と針見せたから』と自信満々に言った母






え~~~Σ( ̄ロ ̄lll)
お母さん
あなたは偉いです

甲子園ですよぉ~

高校野球熱いぃ~~



我が家のパパさんが小学校のPTAの副会長をしていた時(10年くらい前)

小学校ではソフトボールとハンドボールの行事があり

ハンドボールの監督がいないと校長に言われ

パパさんは野球が好きなようだがハンドボールを指導していた(土日)

ソフトボールの監督と話しするようになり野球について熱くなり

「この学校に少年団を作ろう!!!」と持ちかけて

スポーツ少年団を設立した

ハンドボールを他の方に頼み

ソフトのコーチになった

・・・・・と言っても海外を行ったり来たりだったので名前だけのコーチ

もれなくたかやん(私の息子)が入会させられる

たかやんが中学になるとブラジル5年駐在♪q(▽≦q)バンザイ(p≧▽)p♪
                                 ↑
                            無視して下さい^^;



おっと

そうそう甲子園

それがそれが前々から聞いていたのだが

東邦の3番清水君

同じ団地出身

たかやんより2才下で

スポーツ少年団でライトを守っていたたかやんの後ろを嬉しそうに走りまわっていた少年が(たかやんが言っていた)今、甲子園で頑張っている

昔、監督が清水君達に「お前ら上級生を見てろ!!!」と言われていた子が甲子園に

清水君は中学生になり中学の野球部には入らずリトルで頑張っていた

高校を愛知県の東邦に選んで

三重ではないけど

知っている子が甲子園にいたら燃えます燃えてしまいます



それもそれもびっくりしたのが

清水君とたかやんの後ろで“キャッキャキャッキャ”と言ってた子がもう一人いた

清水君と仲良しの小山君

小山君はスポーツ少年団には入会はしていなかったが(いつでも入会OKよぉ~と言っていたので見学もいた)

清水君がいたので毎回遊びに来ていた

たかやんはその当時“後ろでうぜぇ~なぁ~”と思ってたと言っていた

小山君は酒田南のピッチャーで甲子園出場を果たした

小学生の時の仲良しが二人が

別の高校で甲子園ですよぉ~~~奥さん←興奮してますm(__)m

ドラマみたい♪~

小学校と中学校と友達で同じ野球をし

親の転勤で離れても同じ甲子園に立つ

第90回高校野球

頑張るって凄いね












ディサービス

母の息抜きの日は





父は週に2日ディサービス(8時から16時)に行っている

父が居ない間に母は自分の病院とお買い物をしていると言う

サービスの日は8時にバスが迎えに来て父はバックを首にかけてバスに乗り込む
帰りもバックを首にかけバスから下りて来る

担当の人にお便り帳を手渡され

私は幼稚園のお便り帳みたいと可愛く思えた

お便り帳には『今日は言う事を聞いてくれてみんなの前でお歌を歌っていました。お昼寝の時間過ぎて起こしてしまったら怒って来たのでそのまま寝ててもらいましたが夜寝ないかもしれません』と書かれてあったと言っていた
母は“え~~~”と声をだしていたと言う

母が何が一番辛いのは『わたしは寝太郎やから眠れないのはつらいんよ』と

母「叩かれたら叩き返したらいいんやからね・・・でも眠れないのはイヤやわ」と言う



そのディサービスで4年前に事件があったと聞いている

父は痴呆症でも体力があり元気

頑固はそのままで施設では問題児と言われていた

ディサービスから帰って来て母が父をお風呂に入れていたら体に傷があり
行くたびに傷が増えてきたと言う

喜んでバスに乗り込んでいた父もバスを見たら暴れだし震えていたので母は施設に相談した
…結果
30代男性が父が言う事を聞かないので叩いたりつねったり蹴ったりもしていたと言う

30代の男性は解雇

その時期から男性を見たら怖がり
向かって行ったり逃げたり
自分の息子(私の兄)にまで手をあげるのは半端ではない
宅配の方にも向かって行くので宅配の会社と郵便物は実家の家に行くまでに使ってない家があるのでそこに置くようになった



それが
それが男性でも白衣のお医者さんだけはオーケーで(胃癌の手術をする前に何度もの検査で親切なお医者さんだったからではないか…と母は言っている)

施設のお医者さんの言う事を聞くのを施設関係者の方が見ていて

関係者の方が白衣を着て試したと言う

父は『先生様ありがとうございます』と頭を下げると母に言い

『今度からお迎えに行く時に運転手に白衣を着せて迎えに行かせます』と

父の為にバスの運転手には白衣を着せて運転させている

それも聴診器を付けてないといけないみたいで聴診器も付けて

母は申し訳ないと言っていた

その日から父は週に2日喜んでバスに乗り込むとか

でも白衣を着ていない男の人は兄にでも殴りかかるという



ディサービスは曜日が決まっていて(母の病院の関係で)カレンダーに印がつけてあると

父は帰って来たら次のディサービスの印の前の日まで数字を消すので困る母

カレンダーの意味がないと(ごもっともです)

カレンダーを偽装した父は

父「明日はバスに乗るからな」と

母「明日ぁ~?・・・・バスに乗るぅ~~?ちゃんとバスに乗る日をちゃんとわかってるんか!!!???」

母は「勝手に消したらあかんやん!!!…お父ちゃん!!!!ホントにボケてるん?5年もボケた真似してへんやろね?」と聞いたと言う





母へ
あなたは凄いです

歌いまくる父

父は認知症の徘徊



父は昔詩吟の先生をしていた

県大会で優勝して全国大会に行った事もある

正岡子規作

“しょうねん~~~~んおいいやすくぅ~~~~がくぅ~~~うなりがたしぃ~~~”←歌詞

私も中学生になるまで父に習っていた



母から電話が入り

母「もうもうお母さんアホやわぁ~・・・・お父ちゃんね夜中突然歌い出したんよ。

だから“上手やねぇ~~はよ寝てよ”って言ったら11時から朝の5時まで歌いだしてさぁ~・・・・・

“わかったから寝て下さい”と言ったら

お父さんが“ハイハイ・・どちらさんかわかりませんがありがとうございます。もう歌わなくていいですか?”とずっと歌いやがるんやで!!!!でもお父ちゃんやっぱり上手やわぁ~」と

母親は半年前に膀胱がんの手術をして体調は思わしくないし

父は思いどうりに行かないと手をあげる

私には姉と兄がいる

父と母とは一緒には住んでいないけど近くにいる

父は男の人が苦手になり(ある事から・・明日書きます)

兄を見たら見境なく殴りかかる

宅配の人にも殴りかかった事もあり

皆が「お父さん施設に入れた方がいいんじゃない?。お母さんの体が心配やから」と言うと

母は必ず「可哀想やん。私が面倒見れる間は面倒みるわ。もうお父ちゃんは赤ちゃんやから」と




お母さん

あなたは偉いです

テーマ : ブログ
ジャンル : ブログ

母と父の会話

実家では犬を飼っている


外に秋田犬と猫

室内にマルチーズ

母から電話があった

母「聞いて聞いて・・・お父ちゃん笑えるよ」

私「何ぃ~?」




母「お父ちゃんが突然怒り出したんよ。“臭い!!!臭いぞ!!犬がうん○しとるぞ!!片付けんかい!!”

と凄く怒るんよ

だからお母さんね、一生懸命に探していたんよ

どこ探してもないし

お父ちゃんは怒るし

床にハイハイして匂いをかいでいたんよ

そうしたらお父さんの方から臭いがしてきて

ズボンを脱いだらうん○が“コロン”を落ちてきてな!

ほんまお父ちゃんにはやられるわ

だから“お父ちゃんがうん○したんやろ?????犬のせいにせんのよ!!!”と言ったらな

“犬がズボンに入って来てしたんじゃ!!!”って言うんやよ

口と足が達者なのにねぇ~」と母は笑ってた

笑える母

父は思い通りに行かないと手も上げるとか・・・・

母へ

あなたは偉いです






私の母親

母の事を書きます







とてもプラス思考の母で私には真似は出来ない

自慢の母(いろんな意味で)

母は父の家に嫁いでから姑にいじめられていた

私は子供心に“ばあばなんて死んじゃえ!!”と思った時もあったくらい

姑は母親に火の付いた炭を投げて実家に帰れ!!とか他いろいろ

今考えたら警察に突き出していいくらいの事を母にしていた

姑は父親のママハハだったので父親も頭が上がらない

母は姑から逃れるように仕事をはじめた

死に物狂いになるくらい働いたのだと思う

それが成功し自分で仕事をはじめた

仕事も起動に乗り父よりもはるかに収入がよく

貯えが好きな母親になったが自分を磨く事(これは半端ではない)と孫には惜しみなくお金を使った

父親は姑と母との間で何もかばう事もできない辛さか?

母親が仕事人間になったからか

父親は夜遊びをするようになった

女の人から電話も何度も入り

悪戯電話も1日何度も

母は父を問い詰めたら父は逃げるように家を出て行き釣りとか飲み屋通い

母はどんなに辛かったんだろうと思う

でも母の涙なんて見た事がない



その父が5年前に胃がんの手術をし、麻酔から覚めたら

もう誰の事も覚えてないくらいの人になっていた

認知症

母親の事も覚えてはいないけど

いつも傍にいるので傍にいないと不安になるよう

私が「お父さん元気だった?」と話しかけたら

父親「はいはい元気ですよ・・どちらサンでした?」と

実家で3日間過ごしたら

父親は母に私の事を「あのお客さんはいつまで泊まるんや!!!!!帰ってくれないかな!」と言っている

かなりのショックだった


なぜ母親が凄いか?と言うのは

父は運動神経が良くて歩くのが大好き

徘徊がひどく母がトイレに入っている間に脱け出す

他県で見つかることもあった

なのに母は「私が面倒見る」と頑張っている

5年間も

闘病日誌ではないけど

出来事を電話で聞いてて

わたしなら無理!!!って思う事を

母は「お父ちゃんおもしろいやろぉ~」と明るく出来事を話す

私「え~~~笑えへん」って言っても

母「そうか?赤ちゃんやん」と

母の漫才みたいな介護日誌

母のために残そうかなぁ~って思っている私です

多分



つづく

はじめまして

            わん助&クッパさんと暮らしているワンころ助です

071021_1554~0001




このブログはいろいろな出来事

痴呆症の父を介護する母のプラス思考の記録

私の病気(頚椎椎間板ヘルニア)

本家のわん助&クッパ助のお家の部屋の整理

更新はゆっく~~~りブログです












テーマ : はじめまして
ジャンル : ブログ

プロフィール

ワンころ助

Author:ワンころ助
わん助とクッパさん

最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。